映画やギャンブルにハマっているなら、ぜひこの10本を観てください。アドレナリン、興奮、そして恐怖に満ちたこの10作を観れば、ドキドキハラハラすること間違いなしです。

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年)

実話を基にしたこのギャンブル映画は、スリルとユーモア満載の作品です。IMDbスコアは6.8で、シリアスながらも笑える映画です。6人のMIT学生と、彼らにカードカウンティングを教えた数学教授の実話に基づいており、最終的に彼らはラスベガスのカジノから何百万ドルもの賞金を勝ち取ります。

ハイローラー:ステュ・アンガー物語(High Roller: The Stu Ungar Story)(2003年)

有名なハイローラーであるステュ・アンガーの人生を描いたインディーズの伝記映画です。このドキュメンタリードラマでは、彼の絶頂期や快楽主義的な過ごし方から、ポーカー・ギャンブルの世界では避けられない没落まで、人生のあらゆる側面を追っています。

シンシナティ・キッド(1964年)

名作映画がお好きなら、『シンシナティ・キッド』は必見です。この映画は、スティーブ・マックイーン演じるキッドの活躍を描いたものです。彼は大恐慌の中、ギャンブルの世界で自分にとっての天国を見つけようとします。成功のためには、当時最高のポーカープレイヤーであったランシーに勝たなければならないのでした。

ギャンブラー(1974年)

もう一つの名作『ギャンブラー』は、ニューヨークに住むギャンブル依存症の英国人教授、アクセル・フリードが主人公です。全財産を使い果たした彼は、恋人や高利貸しからお金を借りてしまいます。のちに借金取りがこぞって返済を迫り、彼を追いかけるのでした。捕まるのはもはや時間の問題です。

ギャンブル・プレイ(2002年)

アクション満載ではありませんが、それでも興味をそそられる作品です。ギャンブラーのボブには時間がありませんでした。ギャンブルに負け続けていた彼は、モンテカルロのカジノで盗みを働くことを決意しますが、警察に通報されてしまいます。果たして彼は強盗を成功させることができるのでしょうか。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年)

ギャンブルがメインの映画ではありませんが、劇中にはギャンブルのシーンがいくつか出てきます。この映画は「What happens in Vegas, stays in Vegas(ラスベガスで起きたことは、ラスベガスに置いていく)」が合言葉の独身仲間の話です。多くの著名人が登場し、ハプニングが次々に起こる笑いの止まらない映画です。

007 カジノ・ロワイヤル(2006年)

本作品はおそらく最も有名なギャンブル映画でしょう。様々なテロ組織へ資金を提供する悪名高い人物を倒そうと、ジェームズ・ボンドが奮闘します。ポーカーで資金を稼いでいた彼を、ポーカーテーブルで打ち負かすことを決意した007は見事なブラフを披露し、あらゆる意味で勝利を収めます。

カジノ(1995年)

1995年に公開された映画です。タイトルがすべてを物語っていますね。『カジノ』は、マーティン・スコセッシ監督が同名小説を基に作り上げた、壮大なドラマを描いた作品で、ラスベガスの愛と名誉がテーマです。キャストにはジョー・ペシ、シャロン・ストーン、さらにロバート・デ・ニーロといった大御所が揃い、ラスベガスにおけるギャンブルの表向きの華やかさと、裏に潜むビジネスの残酷さと残忍さという2つの側面に焦点を当てています。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年)

ガイ・リッチーほど犯罪、ミステリー、コメディーをうまく融合できる人はいないでしょう。彼は1998年の代表作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で、再びそれをやってのけました。IMDB8.2星という素晴らしい評価を得たこの映画は、ギャンブル映画の中でも最も高い評価を得ている作品の1つで、注目に値する作品です。

ルール・オブ・デス/カジノの死角(1998

売れない若手作家ジャック・マンフレッドは生活に困窮し、ロンドンにある高級カジノのディーラーになることを余儀なくされます。やがて彼はあるプレイヤーとの裏取引に参加するようになります。それがきっかけで彼の人生はめちゃくちゃになり、さらには命の危険にさらされることになります。