「わたしは生きていける」から始まる戦争映画の世界

戦争と言う物は私たちにとって過去の出来事ではありません。今も確かにそれは世界中に存在していて、また日本でも引き起こる確率のある普遍的な脅威となっていると私は思います。本作品「わたしは生きていける」は戦争というモチーフの中で生きていく子ども達に主眼が当てられた、戦争映画というなんかよりも青春映画に近い物になってはおりますが、それでもやはり考えさせられてしまいます。このサイトではそんな「わたしは生きていける」という映画についてと、その他オススメの戦争がテーマとなっている映画について紹介していきたいと思います。

Menu

シアーシャ・ローナン


 アイルランド出身の女優で、本作のヒロインであり主人公なのがこのシアーシャ・ローナンです。平成六年四月十二日生まれで、彼女の名前はアイルランドのゲール語で自由を意味しています。ここでは本作「わたしは生きていける」のヒロイン役を演じたシアーシャ・ローナンについて詳しく紹介していきます。

名作映画を見る

都市部に住んでいても、どこか気持ちは南国で過ごしている感覚に浸れる住宅がいい、という希望にもお応え致します! ジェイ石田がこれまで施工したデザイン住宅 リゾート派の住宅も多く実例をご紹介しているので、希望される方はまずこちらからご確認下さい。

おいたち

 彼女はアメリカ合衆国のニューヨークに生まれたのですが、両親はともにアイルランド人であり、また父親のポール・ローナンは俳優をやっておりました。三歳になると両親と一緒にアイルランドのカーロウ州引っ越して、すくすくと成長していきました。彼女が一番初めに俳優としてのキャリアをスタートさせたのは救済の頃で、これはアイルランドのテレビシリーズに出演した時の物でした。その後、2007年公開の『つぐない』で13歳という異常な若さでアカデミー助演女優賞にノミネートされて、世界の注目を集めることになりました。そして2009年12月に公開されることになったピーター・ジャクソン監督映画である『ラブリーボーン』の主役に抜擢されたことにより、放送映画批評家協会賞若手俳優賞、そして、ラスベガス映画批評家協会賞若手俳優賞などの数々の賞を受賞し、名実ともに演技派の女優として有名になっていくのでした。

これは見た方がいいですよ

人気の賃貸 バストイレ別の物件も取り扱い中! 絶対にセパレートタイプの部屋が良いと考えている方、当店があなたの要望に適した不動産をご紹介いたします。

主な出演作品

ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート

英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート

放送映画批評家協会賞若手俳優賞受賞

ラスベガス映画批評家協会賞若手俳優賞受賞

サターン賞 若手俳優賞受賞

英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート